サービスコンセプト

KANAREA(カナエリア)が私たちにもたらすもの 〜カナエリア編集長〜

KANAREA(カナエリア)は、「地域の願いを事業に育てる」をテーマにしたオープンイノベーション2.0に特化するメディアです。自治体や各地域の団体、社会起業家、支援している企業などの推進者(リーダー)が、どの様な視点で地域の課題をとらえ、そして解決に取り組んでいるのか、その視点の一端を各分野で活躍する方々にお届けするのが本メディアの狙いです。

KANAREA(カナエリア)では、大まかに言えば3つの役割を担いたいと思います。
それは「取組みの紹介」「地域への思い(パッション)」「アイディア」。

取組みの紹介

自治体や地域団体が実施している取り組み事例の共有を通じて、地域への想いや問題意識、独自の視点、解決のための工夫等をお届けすること。

Passion(情熱)

ソーシャルメディアやブログによって、直接多くの人たちとリアルタイムに情報を共有できる可能性が広がったいま、それらの可能性を活用して、取組みを推進している方々が語る地域への想い(パッション)をお届けし気づきの連鎖を起こすこと。

Idea(アイデアを生み出す)

今、IoT、人工知能、VR、ドローンなどの最先端技術が世間を賑わしていますが、それらが、地域の目線で、地域の課題解決に活かせる様にするためには、地域と技術を結びつけるユニークな視点=アイディアが必要で、そのブレークスルーのきっかけとなること。

地域課題に対し、解決に取り組むこと自体が大きなチャレンジです。各地域のリーダーたちが語ってくれた視点や知恵に刺激を受けて、新たな視点を持つリーダーが生まれ、さらに次々と連鎖していくことができれば、それはとても嬉しい限りです。

どんな分野であれ、どんな職種であれ、地域の願いを事業に育てようとしているリーダーの挑戦は、とても興味深く、刺激を受けるものばかりです。それらは、間違いなく皆様に気づきをもたらすと同時に、あなたの思考や行動をブレークスルーしてくれると思います。

MAIL MAGAZINE

メールアドレスをご登録いただいた方に「KANAREA」のメールマガジンをお送りします。

登録ボタンクリック後、頂いたメールアドレスに購読承認の
メールをお送りしますので、ご確認ください。